教育体制

新人教育

新人教育
自分のペースで

これから始まる長い看護師人生。そのスタートの3年間は、基礎を学ぶための特に大切な期間です。
急いだり、焦ったりする必要はありません。ご自分のペースで、無理せず学んでいただければと思います。少しでも“つらい”とか“無理かも”と感じたら、ぜひ相談してください。看護部長をはじめ全職員があなたを見守り、つまずかないよう、いつでも手を差し伸べるために準備しています。

継続教育

三郷中央総合病院ではクリニカルラダー制度を導入しています。この制度はAMG(上尾中央医科グループ)共通ですので、グループ内で異動があっても、継続してキャリアのステップを登っていただけます。今後、結婚や出産などで休職されたり転居する際も、キャリアが途切れる心配はありません。


クリニカルラダーについて
  1. 目標
    「院内・外研修に参加することにより、統一した看護、よりよい看護を提供すると共に、自己啓発意識を持ち個々の知識・技術を高める」
  2. 当院では、看護師にも仕事の一環として勉強する時間を提供しています。看護協会など定められた研修の受講を勤務扱いとし、研修・交通費を負担するなど、少しでも自己啓発意識の高い看護師のキャリアアップを支援しています。
  3. 院内研修は、時代に沿った研修とたくさんの要望から研修内容を検討して実施しています。
  4. 当院では、自ら学びスキルアップし、キャリアアップできるようにクリニカルラダー制度を取り入れ、新人教育からジェネラリスト育成を支援しています。
  5. 看護師は常に学び続ける事が必要です。自らを磨く事に目覚め、それを支援する体制を整える事で質の高い看護を実践する人材を育成し、患者さまに満足の看護が提供できると信じています。

継続教育(看護クリニカルラダーレベル別到達目標)

三郷中央総合病院ではAMG(上尾中央医科グループ)のキャリアラダーシステムに基づく継続教育を行っています。


育成サポート制度

育成サポート制度
認定看護師の育成

保健医療福祉環境の中で看護の役割が拡大し、現場では質の高い看護ケアが求められています。 そこで、看護現場のケアの質の向上を図ることを目的に、特定の看護分野において熟練した看護技術を用いて水準の高い看護実践をするため認定・専門看護師が育成されるようになりました。三郷中央総合病院でも、皮膚・排泄ケア認定看護師、糖尿病看護認定看護師、感染管理認定看護師、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師が臨床現場で活躍しています。今後も認定・専門看護師育成に力を注ぎ、AMGグループ研修規定による支援体制を通じて活躍の場を提供していきます。

認定看護師紹介

皮膚・排泄ケア認定看護師
(C.S.)
三郷中央総合病院に入職して改めて褥瘡(じょくそう)の多さに“なんとかしなければ”という思いにかられました。そのとき、創傷・オストミー・失禁の分野で水準の高い看護実践のできる皮膚・排泄ケア認定看護師(当時はWOC看護認定看護師)の存在を知り、取得しました。
院内・院外の医療スタッフと同じ目標に向けて継続的にケア実践を行い、困難と思われた事例でも一緒に問題解決ができたとき、みんなで喜びを分かち合えるのがやりがいです。
今後は学会活動、研修会、講習会等を通じてケア向上の支援に取り組むとともに、特定行為研修の受講を通じて後進の育成を目指したいと思います。
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
(A.U.)
私たち看護師の関わり方一つで患者さまがよくも悪くもなるということを経験し、脳卒中看護についてもっと深く知りたいと思っていました。
その頃、先輩看護師の「看護師の関わり方次第で寝たきりの患者さまをつくってしまう」という言葉に衝撃を受け、看護師だからできることは何だろうと考えるようになり、もっと自分の技術と知識を深めるためにと認定看護師を目指すことになりました。資格取得後は視野が広くなり、目の前のことだけでなく、将来を見据えて今を大事にすることができるようになりました。
また、医師から「ミニドクターにならず、看護師としての視点で話してくれるので勉強になる」と言ってもらえたことは、大きな自信となりました。
感染管理認定看護師
(M.I.)
感染対策は病院に関わるすべての人にとって必要な分野です。私は感染防止対策室で、専従者として感染対策に取り組んでいます。
他職種で取り組むことも多く、様々な人との関わりを通じて対策を講じていくことにやりがいを感じています。また、院内だけに限らず、院外の同じような立場の看護師とネットワークを持つことができ、自分の苦手な分野に直面したときはそれを得意とする認定看護師に相談できるようになりました。おかげで自分の知識の幅もずいぶん広がったと感じています。
これからは職員の負担を軽減し、現場ができるだけ楽に感染対ができるようにしていきたいと思うとともに、院内だけでなく、地域全体での感染対策の向上に取り組むことも、将来のテーマにしていきたいと考えています。
手術看護認定看護師
(W.S.)
手術看護は対象者が新生児から高齢者までであり、対象疾患も頭から足の先まで、血管、骨、臓器すべてを含みます。さらに術中だけにとどまらず、術前から術後を含む周術期看護も手術看護の役割として求められています。そのため資格取得に際しては勉強しなければならない範囲が広く、膨大な資料や本に囲まれて過ごしました。
手術看護は、「なぜあの看護師は器械出しが上手いのか」といった、本人でさえも説明が難しいような暗黙知で行われることが多くあります。それらをわかりやすく具体的にしていくことに取り組んでいきたいと思っています。そして患者様が「この病院で手術を受けてよかった」と思ってくださるよう、当院の周術期管理や周術看護の質の向上を目指していきます。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
(Y. I.)
脳卒中は急性期から在宅まで経過が長く、接するスタッフや関わる施設も多いことが特徴です。看護では体位交換や整容などの介助を行いますが、私たちにとっては当たり前かもしれない更衣の方法やポジショニング一つとっても、それは患者さまにとっての大切なケアであるということをスタッフに伝えるように心がけています。
スタッフから「こんな分野の認定看護師がいるんだ」と認めてもらったとき、さらに「わからないことがあったら相談できる人がいる」と受け入れてもらったときは嬉しかったです。
また、覚醒を促し続けたのにベッド上では表情に何の変化も見られなかった患者さまが、ベッドサイドで端坐位になったときに笑顔を浮かべたときは、大きな喜びを感じました。
糖尿病看護認定看護師
(K.Y.)
糖尿病患者さまの治療で大切なのは、患者さまご自身やご家族と一緒に生活習慣を見直し、ケアを振り返ることです。
その点、患者さまとしっかり向き合いながら生活の背景を把握しつつ、継続的に療養指導ができている点は、私にとって大きなやりがいです。中には親子3世代にわたって療養指導させていただいている患者さまや、指導を続ける中で実はご家族も糖尿病治療を受けていたことがわかるといった体験もありました。
また、毎年1回、三郷市医師会主催の「全国糖尿病週間三郷市民のつどい」というイベントには、企画の段階から参加させていただいています。これからは次世代を担ってくれる人材の育成にも取り組んでいきたいと思います。