新人教育

入職から配属までの流れ

4月~7月 

新人集合研修
・4月   入職     院内、看護部集合研修
              看護技術演習
              *病院、人に慣れる*基礎看護技術のおさらい*
・4~5月 ローテンション研修      
              面接後部署決定
              *グループですべての部署を体験*同期との交流を深める*
・5月 希望部署での新人看護職員研修開始   
              自己の目標設定
              *先輩の支援を受けながら自分のペースで進む*
・7月 受け持ち患者の看護開始(先輩看護師とともに) 
              *標準化されたケアが実践できる*

10月~2月 

病棟業務
・10月    夜勤業務開始(シャドーイング中心に)
                 *急変の対応ができる*
・12月    受け持ち患者の看護 実践・一人立ち
                 *個々の患者様の合わせた看護を展開できる*
・2月     夜勤業務の実践・一人立ち
                 *後輩を受け入れる準備ができる*
                 *次年度の課題を見出すことができる*
 

継続教育

当院ではクリニカルラダー制度で学べる環境を整えています。

教育クリニカルラダー

1. 目標
「院内・外研修に参加することにより、
統一した看護、よりよい看護を提供すると共に、自己啓発意識を持ち個々の知識・技術を高める」

2. 当院では、看護師にも仕事の一環として勉強する時間を提供しています。
看護協会など定められた研修の受講を勤務扱いとし、研修・交通費を負担するなど、少しでも自己啓発意識の高い看護師のキャリアアップを支援しています。

3. 院内研修は、時代に沿った研修とたくさんの要望から研修内容を検討して実施しています。

4. 当院では、自ら学びスキルアップし、キャリアアップできるようにクリニカルラダー制度を取り入れ、新人教育からジェネラリスト育成を支援しています。

5. 看護師は常に学び続ける事が必要です。自らを磨く事に目覚め、それを支援する体制を整える事で質の高い看護を実践する人材を育成し、患者さまに満足の看護が提供できると信じています。

スペシャリストの育成ー認定看護師資格サポート制度

ジェネラリスト育成からスペシャリストの育成

保健医療福祉環境の中で、看護の役割が拡大し、現場では質の高い看護ケアが常に求められています。 看護現場のケアの質の向上を図ることを目的に、特定の看護分野において、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護実践をするため認定看護師が育成されるようになりました。
当院でも、皮膚・排泄ケア認定看護師、糖尿病看護認定看護師、感染管理認定看護師、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師が臨床現場で活躍しています。
今後も認定看護師育成にもバックアップしていく体制をとり、認定取得後の活躍の場も提供していきます。 (上尾中央医科グループ研修規定によりさまざまな支援体制が整っています)

また、キャリアラダーシステムを運用し、ジェネラリストからスペシャリスト育成支援体制やリンクナースの育成支援も行なっています。

認定看護師紹介

感染管理認定看護師

感染対策に興味を持ち、院内のサポートを受けながら、感染管理認定看護師の資格を取得しました。現在は、感染管理室に勤務し、患者様・ご家族・病院職員が菌やウイルスに感染しないように日々活動しています。医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師などから構成される感染対策チームICTのリーダーとして、院内全体の感染対策の強化に取り組んでいます。

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師は、排泄のトラブルや問題を抱えた人が、尊厳を維持し生活していくことを支援する看護師です。これは看護の基本中の基本であると考えています。また、予防的なスキンケアを大切にできる職員の育成を目指して委員会活動や相談・勉強会を受けて活動しています。

糖尿病患者認定看護師

私は、糖尿病認定看護師として勤務しています。生活習慣を患者さまや家族と共に見直しながら、療養生活での目標を設定して、必要な情報を提供し療養生活を継続できるよう支援しています。これからは、糖尿病療養指導を行なえる看護師の育成と、認定看護師を目指す看護師を支援していきます。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中は突然に発症し、意識障害や運動麻痺、高次脳機能障害などの後遺症を残す方も少なくありません。重篤化の回避と合併症予防に努め、早い段階でのリハビリテーション看護の介入、補足するだけではなく日常生活動作の再獲得を促す看護の介入に取り組み、生活の再構築を目指していきます。何よりも、患者様がその人らしい生活を送ることができるように患者様とその家族の支援して行きます。