フォトギャラリー

地域に密着した
中核病院
当院は「愛し愛され信頼される病院」という理念をもって、最良の医療と看護を実践するための研鑽につとめています。24時間救急体制で適切な治療を実践し、高度急性期からリハビリ期まで、充実した医療・看護を目指しています。
また、近隣の医療機関との協力体制を強化し、地域医療にさらなる貢献ができるような体制を整えています。
患者様とご家族の方に信頼される
良質な看護の実践
看護部では、看護師一人ひとりがいきいきと仕事をし、個々の能力や個性を生かすための人材育成と教育に力を入れ、それぞれに合ったキャリア開発支援を行っています。
看護は、人の命、人生に関わる仕事です。厳しい中にも笑顔を忘れず、優しさと思いやりを持ち、相手に寄り添える看護ができるよう、病院全体で支えます。知識、技術の習得はもちろん、プライベートも充実できる環境を大切にしています。
個々に合わせた
キャリア開発

教育委員会は卒後1年目を支える「新人育成部会」と、継続教育を支える「看護師育成部会」に分かれて、さまざまな学びの場を提供。ラダー研修だけでなく、医師や認定看護師に勉強会を依頼したり、外部研修への参加を促したり、ジェネラリスト・スペシャリストの育成を目標に幅広く活動しています。
新人さんには自分に合った環境で学んで欲しいので、全部署を回るローテーション研修を経てから配属先を決定。その後は個々のペースでラダー目標の達成を目指し、ステップアップするごとにラダーバッジを配布しています。
4月 新人看護師研修が行われます。沢山のものを「見て」「実際に触ってみて」「体験」します。新人育成部会の先輩たちが指導してくれます。
9月みさと救急フェスタ 三郷市消防署主催のイベントに参加しています。
毎年多くの子供たちが、看護・救急に興味を持って体験ブースに来てくれます。
10月AMG運動会 最終種目のリレー 最高に盛り上がります!
埼玉上尾メディックスの応援 やはり迫力が違います!
ある日の休日・・・天気のよい日は土手でサイクリング
少し足を延ばしてドライブ アクアラインで海ほたるへ 海も気持がよいですね!